宙と生活

「宇宙によりみち」~ 星空写真家が紹介する、12月に見たい星空3選~

星空写真家の成澤広幸です。今回も12月の気になる星空情報を3つご紹介します!

宇宙へのよりみちは、どこからでも始められるのがよいところ。
今、あなたのいるその場所から、よりみちを始めてみませんか。

12月の星空情報その①
この冬、絶対に見逃せない2大天文現象!
その①年末を締めくくる流星群「ふたご座流星群」!!

2020年もあとわずかとなりました。
今年一年を締めくくるなら「最後の3大流星群」である、「ふたご座流星群」を楽しんでみたいもの。
下の画像のように、「ロンギヌスの槍」のような上から刺すような流星がとっても特徴的です。

今年のふたご座流星群の極大は13日~14日にかけて。
ちなみに通常なら「極大の前後1週間は流れ星を楽しめますよ~」なんて言うのですが、ちょっと注意かもしれません。
なぜなら一昨年のふたご座流星群では極大日にしか流星が流れなかった…という経験が僕にはありますので(その年によって違いがあるのでなんともいえないのですが)可能であれば極大日を狙って見に行くのが安全かも⁉

そして毎回言っていますが、観測の際にはしっかりと防寒を!
スキーウェアくらい厚手の服の上から大動脈沿いに「貼るカイロ」を貼って防寒するのが僕のおすすめ。
首の付け根、脇の下、みぞおち、背中、太ももの付け根、膝の裏、足の先・・・などにカイロを貼ることで血が温まり身体がぽかぽかして長時間の観測でも寒くないと感じるようになります。(大動脈はマジで大事!!)
ただしそのまま寝て低温やけどにならないように注意してくださいね。

また観測地は路面が凍結する恐れがありますので、夏タイヤの人は無理して帰宅せず
ゆっくり一泊して、凍結が溶けた昼間に帰宅するようにしたほうがいいかもしれません。

12月の星空情報その②
なんと397年ぶりの超接近!!
木星と土星が100倍の倍率で同一視野に入る!?

木星と土星は20年ごとに接近していますが、実はその「接近」度合いがその年によって違うのをご存知でしょうか?
そして今年は木星と土星が超接近している、マジでヤバイ年!!
今回と同じくらいに接近したのは、なんと397年前だと言いますから…この接近の貴重さ、ぜひ皆さんにもわかっていただきたい!!

こいつ(木星)と…
こいつ(土星)が

天体望遠鏡で150倍くらいで見ると、こんな風に見えるようです。
(見え方例の画像を作ってみました!)
僕なんかは「ちょっとうそでしょw 木星と土星が同じ視野でこんな風に見えちゃうの!?こんなの見たことねぇぞ!」
と…
感動して、絶対に泣く自信があります!(笑)

この珍しい超接近の現象が発生するのは12/22の夕方。
日没が16:30頃なので、17時過ぎから見え始めるのではないでしょうか。
ちなみに肉眼・目視では、土星と木星が重なってひとつの明るい星にしか見えないと思います。
この時の高度はすでに20度を切っています。
南西の方角、開けたところで世紀の天文現象を楽しみましょう!!

12月の星空情報 その③
冬のダイヤモンドよりもさらに北側。
ぎょしゃ座からカシオペヤ座にかけての星々が美しい。

今回、写真が少なめなのでここで多めに紹介しましょう。
11月のコラムで紹介した冬のダイヤモンドが見頃な12月です。


実をいうと、私はこのエリアからもっと北側に広がる、
ぎょしゃ座からカシオペヤ座あたりのしっとりとした天の川のエリアが好きなんです。

夜半過ぎにはこのエリアが西に傾きますのでそこが狙い目です。

このアングルのオリオン座ってちょっと不思議な感じがします。11月のコラムで紹介したこちらの写真もそうですね!

冬の星空は冬のダイヤモンドや大三角が華やかでついついそちらにレンズが向きがちですが実は他のエリアもとても魅力的。
見慣れた星座たちが新鮮に輝いていますから、
みなさんもぜひ探してみてくださいね。

END

成澤広幸プロフィール

1980年5月31日生まれ。北海道留萌市出身。星空写真家・タイムラプスフォトグラファー・映像作家。 公益社団法人日本写真家協会(JPS)正会員。
オーストラリアで撮影された「はやぶさの帰還」の星景写真に衝撃を受け、本格的な星景写真・天体写真・タイムラプス撮影に傾倒していく。
写真スタジオ、天体望遠鏡メーカーでの勤務の後、2020年4月に独立。 全国各地のカメラ専門店・量販店で星空撮影セミナーを多数開催。カメラ雑誌・webマガジンなどで連載を担当。
ミュージシャンとしての一面も持ち、自身のタイムラプスムービー作品には自らが作曲・演奏・制作した音楽で動画を演出している。
Youtubeでの活動を本格的にスタートし、星空撮影・タイムラプス撮影、天文情報など、さまざまな情報発信に努めている。
2018年12月に著書「成澤広幸の星空撮影塾」、2019年11月に監修「成澤広幸の星空撮影地105選」を出版。

Youtubeチャンネル:Hiroyuki Narisawa Timelapse Film
成澤広幸 HP:https://www.hiroyukinarisawa-photography.com/


テキスト:成澤広幸&KARAKUSADO
写真:成澤広幸