宙と生活

宙フェスの予習②キレイな星空が好き。宇宙の謎が好き…宇宙のヤバいポイントは沢山ありますが、僕は宇宙のとてつもなく巨大な数字が好き。

【宙と生活編集部】

「宙と生活」では「宙フェスの予習」と題して、10月3日に開催される「宙フェス2020online京都嵐山」出演者にまつわる記事を連載します。

第二弾は、サイエンスな視点から「宇宙のヤバさ」を毎日投稿し、宇宙ファンから絶大な支持を得る「宇宙ヤバイ ch」のyoutuber キャベチさんをご紹介。2017年8月の初投稿からチャンネル登録者数を着実に増やし、先日迎えた3周年ではチャンネル登録者数14万人を超えを実現。
そして10/3(土)配信予定のオンラインフェス「宙フェス2020 online京都嵐山」では、キャベチさんの生出演が決定!キャベチさんがYouTubeを初めて飛び出し、京都嵐山の法輪寺ステージで生解説&トークを展開します。

今回は秘密のベールに包まれたキャベチさんの素顔や、宇宙をテーマに活動する理由、宇宙への想いを編集部がインタビューしました。

 


宙フェスの予習②
「実は先日、大学を休学して…。
一人暮らしもはじめました」

――編集部:(以下編)今年度は「宙フェス2020online京都嵐山」へご出演をありがとうございます!よろしくお願いします!

キャベチ:(以下キ)こちらこそありがとうございます、緊張しますけどすごく楽しみです!

――編:まずは、キャベチさんのプロフィールからお聞きしたいのですが、先日いただいたプロフィールには、
「北海道大学の経済学部に所属しながら独学で宇宙の知識を学び、わかりやすいと評判の解 説を交えて最新の宇宙ニュースや雑学を発信している。 登録者数 10 万人を超えるまで声 のみの出演だったが、意を決して顔出しをし、宙フェス出演を機に活動の幅を広げようと意気込む」とあります。
今は北海道大学に通いながらYouTube活動という感じですか?

キ:それが実は…大学は先日、休学しました。一人暮らしもはじめて、最近引っ越ししたばっかりです、笑。

――編:大学を休学!YouTube活動が忙しすぎてという感じですか?

キ:そうですね、YouTuberというか、宇宙関係の仕事をもっと真剣にやっていきたいという気持ちが強くなったので、しばらくは専念してみようと思ったのです。
実はつい最近まで就職するつもりでいたのですが、この活動をできるところまでやって、挑戦してみないと後で後悔しそうだなと思ったので。

――編:そうなんですね!それは素晴らしい!
では、キャベチさんとしてYouTube活動を始められたきっかけからお聞きしたいのですが?

キ:その前にお話しておくと…僕、大学に入るまでも紆余曲折ありまして。僕は同級生より4歳年上なんです。というのも、受験に失敗して一度浪人したんですが、全然勉強をがんばれなくて…受験を諦めてフリーター生活をしていたこともあったり。大学進学までずいぶんと回り道をしましたが、それが今の活動に繋がるきっかけにもなりました。

――編:それはどのようなきっかけがあったんでしょう?

キ:フリーター時代に何か会社に勤めないでお金稼ぐ方法って無いのかなと考えるようになって…。Twitterやブログで発信をはじめたことが最初のきっかけです。
でも最初は宇宙がテーマではありませんでした。

――編:それはどのようなテーマでしたか?

キ:最初は特にテーマもなくTwitterでフォロワー集めのための情報を流してみたり、いろいろやってはみたんですがなかなかうまくいかなくて。
試行錯誤あって、はじめて形として成立したのは、大学に通いながら発信しはじめた受験ブログでした。
僕は人より特殊な経歴なので、予備校に通えない人や浪人生活が長い人など、受験がうまくいっていない人の力に少しはなれるかな?という気持ちでブログを書き始めたんです。そのブログが結構、沢山の人に見てもらえて反応があったおかげで、発信する喜びや楽しさを知ることができました。
その後、宇宙の雑学をTwitterで発信したり、宇宙の雑学ブログもはじめましたが、宇宙は多くの人に興味を持ってもらえるコンテンツじゃないと思い込んでいましたし、そちらの方はあまり実績はあがらなかったんです。

――編:人とは違う受験経験を活かして発信力に変えられたんですね。

僕も「宇宙好き」だから、
宇宙好きが見たいコンテンツを形にできた

――編:宇宙では拡散が難しいと思いながらも「宇宙ヤバイch」を作ったのはなぜですか?

キ:ぶっちゃけ言いますとYouTubeでお金が稼げたら…という気持ちでスタートしましたが、その上で何をするかを考えてみた時に、宇宙は僕の好きなテーマだし続けられるんじゃないか?と。とはいえTwitterやブログで宇宙をテーマにした経験で、あまり成果はあがらないかなと考えていたので、ここまで沢山の人に見てもらえるチャンネルになるとは…というのが正直な感想です。

――編:予想に反して、大きなチャンネルに成長した感じなんですね!
反響があった理由は何だと思われますか?

キ:僕がシンプルに「宇宙好き」なので、宇宙好きの人が見たいと思うようなテーマやコンテンツをそのまま形にできたことが、多くの方に受け入れてもらえた結果なのかなと思っています。実は僕自身が宇宙系のYouTubeを見て少し物足りなさを感じる時があったので。もっと宇宙の謎を詳しく解説してくれる動画があったらいいのにな…と思っていて、それを僕なら作れるんじゃないか?と考えたのです。
こうして投稿を続けていくうちに宇宙がさらに好きになりましたし、もっと進んで勉強するようになりました。

――編:なるほど。無いなら自分で作っちゃおう!という感じだったんですね。
最初の投稿はどんな内容でしたか?

キ:初公開記事のテーマは「もしも実際に月が地上420kmにあったら」。当時は検証系の動画が多かったです。

宇宙の情報ってとても難解なので、僕の手に負えないテーマも正直、沢山あって…。
今は詳しい人に教えてもらったり、台本に間違いがないかを校正してもらっています。
宇宙の正しい知識を伝えるということとても大切にしているので、自分でもきちんと理解した上で発信することは常に心がけています。

――編:そうなんですね。台本の校正からきちんとされているというのはスゴイ!
ちなみに現在、動画600本を超えていますが、バズった動画などはありましたか?

キ:僕は大バスりの経験はあまりないんですけど…笑。
これはいけるかな?と感じたのは2本目の動画「もしも太陽の位置に他の恒星があったらどうなるのか?」です。

太陽系の中心にシリウスをおいたり、オリオン座のリゲルとかベテルギウスをおいたりするとどうなるかを検証をする動画ですが、これは僕がユーチューバーになる前からやったら面白いだろうと考えていたテーマだったので、反応があってすごくうれしかったです。
ただ2本目の動画も公開してすぐに反響があったというわけではなく、公開してからじわじわとみられているなという感じでした。
あと「あなたの動画はすごい面白いから、ぜひ続けてください」というありがたいコメントをもらったり…。そういった反応を経て、意外と需要がありそうだなということに気づいて、徐々に投稿回数を増やしていったんです。

数字に感じる、宇宙へのリアリティ

――編:宇宙ヤバイchを発信する上で、情報の正確さの他に気をつけていることなどありますか?

キ:コメントいただいてうれしいのは「このチャンネルを見て、宇宙が好きになりました」という言葉です。なので、宇宙の魅力をわかりやすく伝えるということを常に意識して発信し続けたいと思っています。どの動画からみてもわかりやすく楽しんでもらえるように。

あと、キレイな星空が好き、写真が好きという人や、宇宙のよくわからない謎が好きな人など、宇宙をヤバいと感じるポイントは人によって違いますし、それぞれ魅力があると思うんですけど、僕は宇宙のとてつもないスケールがとにかく好き。もっと具体的に言うと、天文学的に巨大な数字が好きなんです。数字を見ると「実際にこういう世界が宇宙に広がっているんだ!」というリアリティを感じる。

現実に宇宙が存在するんだと思うし、壮大な気持ちになれるんです。そういう僕が大好きなポイントを「ヤバイ」というキャッチーな言葉で楽しんでもらいながらも、きちんと真面目なことも知ってもらえるようにしたいと思っています。

――編:真面目に宇宙を解説する動画なのに、「ヤバイ」という言葉で伝えているところも魅力ですね!

キ:「名前はちょっと胡散臭いのに、見てみたら中身はすごくちゃんとしてる」って言われることはあります、笑。最初はこんなに真面目な内容にするつもりもなかったというか…、笑。やっているうちに、こういう路線になってきたんです。
「ヤバイ」という直球で刺さるワードで宇宙を表現したことですごく伝わりやすくて、よかったかなと今は思います。

――編:どんな人に見てほしいとかはありますか?

キ:あまりターゲットは設定していませんが、宇宙が好きだけど、そこまで詳しくない、知ってみたいと思っている方。僕もそうですけど「宇宙にわか」な人に向けています。「宇宙ヤバイch」を視聴してくださる方の7割以上が男性で、若い女性に宇宙好きはいないと思い込んでいたので、宙フェスのお客さんの7割が20代女性ってお聞きして本当にびっくりしました!若い女性も宇宙に関心があるなんて!
僕も女性ファンを増やしたいですね…笑。ほんと!

――編:宙フェスで女性ファンが増えるといいですね!
では最後にキャベチさんをはじめて知った方に向けて、オススメ動画があればご紹介ください!

キ:1つ目は「24GBで天の川銀河の最高画質写真を拡大したらヤバすぎた…」こちらは純粋にとても綺麗なので、気軽に見ていただけます。
何も考えないでボーっと宇宙を感じたいときにオススメです!

もう一つのオススメは「ブラックホールにまつわる画期的な新説が登場!解説します」。この動画はTwitterでも話題になりました。
2日間かけて作った渾身の1本です!

そして、「宇宙で今後1グーゴル年以内に起こることがヤバすぎる…」もぜひ見てほしいです!

実は「google」という社名もここからきているんですけど、1グーゴルがどのぐらいの数かというと、10の百乗で、1の後に0が百個つく数字なのです。
漢字文化圏で最大の単位である「無量大数」が10の68乗なので、1グーゴルはその比にもならないくらい巨大な数ということ。
それだけ年数が経った宇宙ではどんなことが起こっているのか?という動画なんですけど、僕が一番好きな、想像を超える数を感じてもらえる動画だと思います。

――編:オススメ動画をありがとうございます!どれもすごく面白そうです!
10/3の「宙フェス2020online京都嵐山」のステージ出演では、どのようなトークや解説を予定されていますか?

キ:「宙フェス2020online京都嵐山」では、「宇宙のツナガル! youtuberの世界 ヤバイ天体BEST3」を生解説する予定です!初心者の方にもわかりやすい楽しい解説やお話ができたらと考えています。今回初めて、YouTubeを飛び出して、イベント出演するのですごく緊張しますが…ドキドキしている僕の様子も含めて楽しんでいただけたらと思います!

――編:今回は興味深いお話を色々とありがとうございました!

「宇宙ヤバイch」キャベチさんが出演する「宙フェス2020online京都嵐山」のトークステージは京都嵐山法輪寺会場から、初のオンライン配信で展開します!
チケット購入はコチラから!
どうぞお楽しみに!

END

YouTuber キャベチ(宇宙ヤバイ ch)
登録者数 10 万人を超える YouTube チャンネル「宇宙ヤバイ ch」にて、宇宙のヤバさや面白さを紹介する動画を毎日投稿するユーチューバー。
北海道大学の経済学部に所属しながら(現在は休学中)独学で宇宙の知識を学び、わかりやすいと評判の解説を交えて最新の宇宙ニュースや雑学を発信している。 登録者数 10 万人を超えるまで声のみの出演だったが、意を決して顔出しをし、宙フェス出演を機に活動の幅を広げようと意気込む。


テキスト:宙と生活編集部  写真(タイトルTOP):成澤広幸